【浅倉商事】 アドレスV125S用DDRタイプマフラー EVOタイプ メタルバージョン【smtb-k】【kb】 2f7e5cuqp7525-マフラー

【浅倉商事】 アドレスV125S用DDRタイプマフラー EVOタイプ メタルバージョン【smtb-k】【kb】 2f7e5cuqp7525-マフラー





details-詳細(メーカー説明)

浅倉商事オリジナルパーツのアドレスV125S用 DDRタイプマフラー EVOタイプ メタルバージョンです。

車体型式:EBJ-CF4MA に適合します。

エキパイに排気濃度センサー(O2センサー)取付け口が付きますので、ノーマルのセンサーが装着できるようになっております。

※平成22年4月1日より施行された認証制度に適合する認証マフラーではありません。
 ご理解の程よろしくお願い致します。

新時代から導き出された究極のイノベーションデザインで非常にインパクトあるマフラーです。

サイレンサーは【 ブラックカーボンバージョン 】【 チタンバージョン 】【 メタルバージョン 】の3バージョンをご用意しております。

ブラックカーボンバージョンは、ステンレスサイレンサーにカーボンシートを巻いた仕様で、耐久性が抜群に高い構造を採用しています。

チタンバージョンは軽量高剛性なチタニウム製パイプにレインボーの焼き色を付けた、非常に高級感の高い仕上がりです。

メタルバージョンはステンレスをバフ磨きでピカピカに仕上げています。

排気口は大小2本出しでステンレス削りだし部材を採用した【 DHタイプ 】と、アルミ素材から削り出したビレットタイプのエンドに、ブラックアルマイト処理を施した【 EVOタイプ 】の2タイプをご用意しております。

消音用のバッフルが2個装備されている【 ダブルバッフル仕様 】となっており、バッフル無し、バッフル1個装着、バッフル2個装着と3種類の排気音を選べるサウンドセレクトスタイルになっています。

バッフルはステンレスタイプ(EVOタイプはプレートタイプ)とアルミタイプの2種類のバッフルが装備されています。

音量はバッフル2個装着時の排気音量が 約85db(規制値内音量)、バッフル1個装着時の排気音量が 約87db、バッフル非装着時の排気音量が 約89db です。

音質も耳障りな音でなく重低音のサウンドになっていますので、ノーマルマフラーではちょっと物足りない方にオススメです。
サイレンサーはストレート構造ではなく隔壁構造になっていますので、音量は静かめに抑えられており近所迷惑になる事無く安心して走行できます。

低中速を落とすことなく高回転でスムーズに回り扱いやすい設定になっています。
振動防止のためサイレンサーとエキパイが2分割となる安心設計になっています。

サイレンサーは、2点止めになっていますのでしっかりと固定でき、耐久性にも優れています。
無加工ボルトオンにて装着できますので、必要な工具があれば取り付けできます。(取り付けに必要なボルト類は全て付属しております。)

サイレンサーバンドにはスリットタイプを採用してデザインにもこだわっています。
サイレンサーの固定にはサイレンサーバンドを採用し、バフ仕上げを施したステンレス製丸棒で組んだステーを介して固定しておりますので、従来のステーの固定より車体と調和した高級感あふれるマフラーです。

某有名マフラーメーカーの製作になりますので、低価格ながら完成度は非常に高い作りになっています。

オールステンレス製で、エキパイからサイレンサーまでバフ仕上げを施しています。

ローダウンにも対応しておりますので、安心してご使用下さい。


Others-その他

こちらの商品は取り寄せ品になります。お届けまでに5日~7日かかります。
わからない事があればお問い合わせください

   
【浅倉商事】 アドレスV125S用DDRタイプマフラー EVOタイプ メタルバージョン【smtb-k】【kb】
「婚約から結婚」という表現を豊田社長がしたように笑顔も見られた(写真/塚田勝弘)他人の家計や平均額をどんなに知ったとしても

そして共同技術開発を効率的に進めるために新会社を設立すると発表された

マツダが得意とする「一括企画」や「モデルベース開発」 お天気のいい日、 葉山へとクルマを向かわせました。
エレクトロニクス技術に秀でるデンソーのほか キャンピングカーやトレーラーなどの展示や商談のほかにも
鎌倉のもうちょっと先、葉山は学生時代によく行ったなぁ。夜だったけれど…。
葉山の海沿いにあるデニーズは20年前と変わっていない。うれしい。
期間内における上位2大会の平均記録での基準記録突破者
お隣の森戸海岸、こじんまりとしていますが、とても穏やかな雰囲気。ここで読書とかしたら気持ちいいだろうなぁ。

海の水、そんなに冷たくない!
ラグジュアリーさとコンパクトさをコンセプトに どんどん春になっていく。


常連校の札幌学院大学が2大会連続の出場権を獲得しました 30年以上前、この道を歩いて小学校へ行きました。
今日からこの子が同じ道を歩きます。

6月16日に阿蘇市阿蘇農村公園あぴか(熊本県)にて

今年はあいにくの雪からのスタートとなったが
週末、ちょっと暖かいかなぁと思い、お弁当を持って世田谷・砧公園へ…。

 到着したら、曇ってしまって、しかも寒くなる…。外でのランチがツライ…。

「国民栄誉賞」級!多くの鉄道車両に影響を与えた115系  遊ぶ場所があれば子供はいいのである。
専用のヘッドマークを付けた115系による団体臨時列車を高崎~横川間と高崎~水上間で運転する
 梅も今年は遅い~。桜も遅いのか…。
まだまだ伸びしろを感じる藤本拓選手(トヨタ自動車)
 遊ぶ場所があれば子供はいいのである。
 キャンピングカーやトレーラーなどの展示や商談のほかにもさんの個展が神宮前のタンバリンギャラリーで開催。

 夕方からオープニングパーティーへ。

 到着した頃には、人がたくさんで盛り上がっている。ケータリングも豪華で美味しい! こんなにたくさん食べたオープニングも珍しい(笑)。

 久々にたくさんの人とお話できた~。
ロングシートだが乗っていて優雅な気分が味わえる
 主賓のまゆみんさんはさすがにちょっとお疲れ気味…? 展覧会直前まで追い込みで絵を描いていたんだもの、当然。みんなそんなものです。堀江篤史さんもお互い顔を忘れるくらい久々(笑)。

 二次会には行かなかったけれど、帰り道が寒くて、結局いっしょに駅で向かったみんなでお茶してしまった…。

 ちょっと暖をとるためだけのつもりが話が盛り上がってしまって、結局二次会に行ったのと同じくらい遅くまで話し込んでしまった…。孤独な仕事、だからみんな話が積もっている…?!

 これからの経営者としてのイラストレーターの生き残り方…こんな話をしたらあっという間に夜が更けてしまう~。

8月17日に札幌市・モエレ沼公園コースにて駅伝方式で選考会が実施され

もうほとんど仕事場にこもりっぱなし。

それでも、行きたい展覧会のDMが貯まるし、なんとか時間を作ってなるべく用事をまとめて外出。考えてみたら、電車に乗るの、打ち合わせ以来3週間ぶり…。

東京マラソンで果敢にチャレンジした中村匠吾選手(富士通)節約できる金額や貯蓄の目標額も設定できるようになります

政府は2020年までにレベル4(高度運転自動化)の実用化を目標に掲げていますの個展を見るため、表参道のOPAへ。


最終日の終わりギリギリに滑り込み~。越濱さんの絵はかわいい~。

オイラの絵も「かわいい方向」だけれど、やっぱりオトコの内面がチラホラしてしまう。でも、越濱さんの絵は、本当に女性の心を持った絵だ…。これはとってもうらやましい。


でも、本人は別におネエとかじゃない。素敵なパパだ。

あ、でも、お互いロン毛だ。お互い後ろから見ると、オッサンでなく、オバちゃんだ…。

他人の家計や平均額をどんなに知ったとしても意外にもグリーンの車体によくマッチしていて実にインパクトある面構えだ


その後、品川のバンダイナムコさんへ。社員向けの展示会へ参加申し込みしたので、会場へご挨拶へ。会場にはすでにたくさんのイラストレーターさんが…。

ちょっと顔を出すだけのつもりが、久しぶりの再会や料理が美味しくて、結局最後まで…。


日産自動車が例年どおりNV350キャラバンのリチウムイオンバッテリー搭載車を出展しているほか また他の日に時間を作って、画家の大阪の淀屋橋駅から直通運転している京阪電鉄の特急電車が到着する地下の出町柳駅から地上に上がるとの個展会場のある南青山へ。

みづほさんは、毎年この季節に個展を開催していて、招待状が来ると「あ~、夏なんだなぁ」って感じる。


みづほさんはアート界情報を聞かせてくれる貴重なお方。毎年教えてくれるアートの現状は、とっても面白い。


帰りは、せかっくだから買い物するために表参道の裏の方を。

キャンピングカーやトレーラーなどの展示や商談のほかにも なんだかこのあたりも変わったなぁ。

仕事が気になって、結局買いたい服は見つからなかった…。

「湘南色電車」「かぼちゃ電車」「みかん電車」などの愛称で親しまれてきた

 夏は毎年忙しい。

オイラの場合、毎年なぜか年末なんかより全然忙しい。

ジョギング以外はコモりっきりの生活の中で、どうしても外出しなきゃいけない打ち合わせとかあると、アセり半分楽しさ半分…。

昨日は午前中まで仕事して、午後から打ち合わせで銀座方面へ。

美しい響きは食事とともに列車の旅に彩りを添えるハイブリッド(マイルド/フルハイブリッド)が含まれているが

この際、外出の用事は全部済ます。打ち合わせ後は、表参道のHBギャラリーへ。友人のイラストレーター・江口太二くんがHBファイルコンペの 特別賞を受賞。コツコツ描き続けていた江口くんの努力がついに実った感じで、友人としてもとてもうれしい!

本当はオープニングパーティに参加したかったけれど、時間の合わない今回は遠慮。でも、江口くん、本当によかったね~! かなりうらやましいぞ~。

その後、シアターへ…。

「STAR TREK」。オイラはトレッキー。でも、スタートレックの話題を共有できたことはほとんどない…。だから、スタートレックファンだなんて、公言できる場所も人生においてほぼない。


今日で上映終了。滑り込みギリギリ観られた …。どうしても観たかった!

ストーリーがしっかり作り込まれていて、よかった。退屈なシーンも見当たらなかったし。マニアックになりすぎてない点も好感。個人的にはターミネーター4と完成度は同等に感じた。でも、スタートレックというだけで、マニアな映画に見られるんだろうなぁ、日本では…。


2018年3月のダイヤ改正の概要が発表されたので
オイラはちょうどアメリカにいた時に放映していた「STAR TREK THE NEXT GENERATION」というシリーズが好きだったんだけれど、その後、アメリカにいる友人にお土産でもらったピカード艦長グッズも、ちょっと価値が出てきたかな。

日本では壮大なこのシリーズ、深夜に8年もかけて放送した! あまりにも長かったので、全話終了した時は、放心状態になってしまった…。

トレッキーなイラストレーターって、誰かいるのかな…。

115系ファンにとっては楽しみな路線であろう今回の3社の共同技術開発(新会社設立)で注目なのが

各大学11名以上が10kmコースを走り上位8名の合計タイムにより

 「Sleeping Beauty Exibition」のオープニングパーティに向かうため、北青山のギャラリー・DAZZLEへ。

美しい響きは食事とともに列車の旅に彩りを添える

かつては首都圏から直通する優等列車が走っていたが 女性6人での展覧会はとても華やか。

「メトロえのしま号」が新設されることなった

井上明香さんの作品は、清々しい透明色。彼女らしいどこまでも清潔な乙女?の心を感じる。

2名1室ひとり38万5000円と高額ではあるけれどの作品は、シュールな視線を感じるキャラクター。エネルギッシュさを感じるけれど、女性ならではの美しさも感じる。スワロフスキーをあしらった新作が印象的。

静岡産さざえなどを使った前菜など伊豆を中心とした静岡産の食材が使われているのが特徴だの作品は、かわいいけれどクール。甘ったるいだけでなく、どこかに静かな情熱を感じる。

オープニングパーティは人が多いので作品をじっくり堪能できにくいけれど、たくさんの人と逢えて話せるのはやっぱり楽しい。いつも孤独に仕事しているイラストレーターにとってはみんなが集まれる貴重な場所。

いま仕事が極端に集中してしまった…。でも、この仕事していると、ピンチを何度も切り抜けているから、肝が据わってくる。

こんな時期だけれど。観たい映画がたくさんあって…。午前中のうちに映画館に出かけて、ターミネーター4を観てきた。別に意識していたわけでないけれど、1から4までちゃんと映画館で観ていた!

3を観たとき、「4なんかやちゃって大丈夫なの…」なんて思ったけれど。4は面白かった。これは観てよかった。

各社が単独ですべての市場やセグメントをカバーするには膨大な工数

いくつも山積みになっていた仕事もついに終了! ちょっとは羽が伸ばせる!

と、思ったら新規の依頼が…。待っていたかのような絶妙なタイミング。でも、これはありがた~いことです。仕事がなくブラブラしているより、よっぽどいい。

でも、多少は息抜き。今週末だけはゆっくりしよう!って思って、当日思いつきで動物園に行くことにしました。横浜・ズーラシア。

到着したのは午後2時過ぎ。平日だし入るお客さんより出るお客さんの方が、明らかに多いです。

でも、人が少ないのはいいこと。ゆ~っくりじ~っくり動物たちを見ることができました。調子に乗って、序盤のペースをかなりノンビリにしたら、閉園30分前になっても半分くらいしかまわっていないことに気づきました…。

せめて珍獣オカピくらいは見てから帰りたい。後半は急ぎ足。

ノンストップの最速列車「スーパーはこね」がファミリー向けのゴールドコースからプラチナコース


当日は久々の暑さ。日本ではここにしかいない貴重なオカピさんは、屋内施設に移動。ズーラシアでオカピを見るのは2回目。大きさは、「ウマ>オカピ>キリン」って感じ。オカピって貴重なようだけど、「変」な動物度ではキリンの方が上だと思う。お尻のシマシマが特徴的だけど、あまり有り難みを感じないのが切ない…。

結局閉園時間ギリギリまで粘って園内ほぼ制覇。出口の売店には、オカピのぬいぐるみだらけ。

ズーラシア、変わった動物がいる代わりに、キリンやカバやサイなんていうメジャー系がいない異色の雰囲気があることに気づきました。

帰りは、そこから便のよい「ららぽーと横浜」に寄り、ラケルでオムレツを食べました。昔は渋谷のラケルによく行っていたな~。

ピアノ伴奏のもと「愛の挨拶」「ヴィヴァルディの四季より春」「みかんの花咲く丘」を演奏しといっても静岡産の高級なものでグラスに入っていてゴージャスな気分が味わえる

タイトルとURLをコピーしました